本稿では、静岡市が提供するオープンデータのうち、
「主要交差点における交通量データ 1」を
Web上の3Dデータビジュアライズによるインタラクション、
および3Dプリントにより直感的に把握するWebアプリ、
Shizuoka Traffic Landscape(STL)」を解説します。

本アプリは「シズオカアプリコンテスト 2」における
「オープンデータスマート活用賞 3」受賞作となります。

Shizuoka Traffic Landscape


| 概要
時間帯・場所を選択すると、動的にその時間・場所の交通量データが
3Dビジュアライズされ、マウス操作で任意の視点に変更することができます。
主要交差点ごとの3Dデータは一般的な3Dプリント用のSTL形式で書き出し可能で、
任意の場所の(平均的な)交通量をリアルなジオラマとして楽しむことが可能です。

3Dデータ(ビジュアライズ・プリントデータどちらも)は、
本アプリ用に独自にモデリングしております
そのSTLデータは、オープンソースとして、誰でも自由に3Dプリントいただけます。

Shizuoka Traffic Landscape

Shizuoka Traffic Landscape


| 背景
静岡は古くから技術の国として栄え、多くの木造模型メーカーがありました。 4
今や日本のプラモデルの出荷額90%と圧倒的なシェア 5を占めています。
“静岡ホビーショー”の開催をはじめ関連イベントも多く、
“プラモデルの街”としての地位は確立できています。

その静岡のイメージおよび継承されている技術を拡張させ、
静岡を”世界一3Dプリントが盛んな街”としてリブランディングすべく、
静岡市のオープンデータを3Dプリント用のデータに変換することを考えました。

その3Dプリントデータに触れるためのきっかけとして、
Web上での3Dデータビジュアライズを作成しております。



| データ
アプリに使用している、交通量データは、「平成26年静岡市主要交差点交通量調査結果」となります。
このデータは、静岡市内の主要交差点における、1時間おきの、
2輪車、普通車、大型車が、どの方向からどの方向へ、どのくらいの数、交通したか、を集計したものとなります。

主要交差点交通量データ

上記データを、各交差点の進行方向ごとにJSの配列形式に変換します。

交差点データJS


また、各交差点において、今回のビジュアライズ用に任意に、
交差点の中心位置および交差点の幅、
交差点突入前のスタート位置・突入後のゴール位置の2段階に分けてデータを定義します。

交差点データJS2


| プログラミング・モデリング
アニメーションさせる際には、以下の手順を、各車両に適用します。
(1)まずは2輪車、普通車、大型車をその時間・交差点で発生する数だけ作成
(2)スタート位置の交差点方向に各車両を配置
(3)「各車両の現在地から交差点中心点」がある一定距離以内になるまでは、交差点中心点に近づけていく。
(4)もし、交差点中心点からある一定距離内になれば、「現在地と突入後のゴール位置」の差分を取り、
 ゴール位置にたどり着くまで移動。
(5)ゴール位置にたどり着いたらループ。(2)へ。

本アプリはThree.jsでプログラミングしております。
Three.jsは一般的な3Dデータ形式であるSTL形式をimportすることが可能です。
そこで、フリーの3DソフトであるBlenderを用いて
2輪車、普通車、大型車、各交差点をモデリングします。

blender

blender


ちなみに交差点はストリートビューで確認しながら、
各交差点においてランドマークとなるものをうまく用いながら、
できるだけシンプルにモデリングしていきます。

streetview

blender

blender

STLデータがモデリングできたら、下記のようにしてThree.jsに取り込みます。





| 3Dプリント
本アプリでは、3Dデータビジュアライズするだけではなく、
3Dプリントできる形式でデータをexportできることも大きな特徴です。

ちなみに3Dプリントに一般的に用いられるデータ形式がSTL形式のため、
本アプリ名は、「Shizuoka Traffic Landscape」としております。

3Dプリントできるためには、空間的に矛盾がないことが必要ですので、
Blenderで作成したSTLデータを、「netfabb」などのソフトを用いて、不備がないかチェックしていきます。

3Dプリントは、近年、様々な場所でセルフプリントサービスができるようになり、
非常に高精度の装置による3Dプリントを安価でウェブ上で申し込めるものも出てきております。

本アプリでexportできる3Dデータは、そのままのSTLで入稿して3Dプリントすることが可能です。


[交差点]池田
[サイズ]X:110.935mm Y:102.982mm Z:31.856mm
[素 材]ナイロン
3dprint1


[交差点]谷津
[サイズ]X:104.787mm Y:105.001mm Z:19.288mm
[素 材]ナイロン
3dprint2



3Dプリントは本アプリで初めて本格的にチャレンジしましたが、
ぜひ今後も可能性を模索していければと思います。


以上、
交通量オープンデータを3Dビジュアライズ&3DプリントしたWebアプリ、
「Shizuoka Traffic Landscape」の解説となります。