メディア業界必読の書『華氏451度』を読み解く。

  華氏451度、それは紙が燃え始める温度–。 全ての情報は映像で伝えられ、文章や本が禁止された近未来社会。ここでは、政府機関である”昇火士”と呼ばれるものたちが、市民の通報を受けて、待中の隠された図書を燃やし尽くしていた。人々は単純・要約された情報の中で&#82 […]

テクノロジー&メディアの未来を”捉え直す”オススメ本2019年上期

2019年上期に読んだ本のうち、 テクノロジー・マーケティング・メディア関連で、面白かった本を、 備忘録がてらまとめておきます。   全体的に、「これまでテクノロジーやメディアで考えられていたことをもう一度捉え直そう」というスタンスのものが、多かったように思います。 もはやインフラとして生活に深く浸 […]

Fintechを通してデータビジネス動向と道義的責任を学ぶためのオススメ書籍

本稿では、データ利活用における最新技術動向やその技術利用の際に勘案すべき道義的な責任について、推薦書籍からの引用として紹介する。 [目次](1) データ利活用における”天秤”と”ジレンマ”(2) Fintechに学ぶ個人を特定しないデータ活用(3) デ […]

データサイエンススキルを高めるための業界最新情報やライフハックなど

データサイエンティスト&マーケターが読むべきオススメ本2018年版

12月ですね。 毎年クリスマスが近づくこの時期は、世間の浮ついた空気に反して データサイエンティスト諸君は、年末進行に冷汗を流していることと思います。 また、冬休みとは名ばかりの少しばかりの休息期間は、 オフ返上で年明けのプロジェクトに備えて、新しい知識を仕入れていることでしょう。 ええ、私達の聖書 […]

GWだけど”サイエンティスト”としての心構えを学ぶ

データ分析を業務にしていると、下記のようなことがよくあると思う。 「SQLのタイピング時間が、他人との会話時間よりも長い」 「パラメータを少しづつ変えてランダムフォレストを実行してたら2015年の夏は終わった」 「facebookで他人のリア充な投稿を見るたびに、投稿内容を元にfacebookに興味 […]

『獺祭』から考えるデータ分析をマニュアル化する意味

データ分析という職務は、得てして属人的なものになりがちだと思います。 それは、(マーケティング業界に限った話ではないですが) データ分析の現場で要求される知識・スキルが日々拡大し続けているからだと思われます。 よって、教え方が体系だっていないことも多く、 どうしてもある程度は独習することが求められる […]

データサイエンススキルを高めるための業界最新情報やライフハックなど

“人工知能(AI)”の前に知っておきたい、”知能”とは何かということ。

世間はGWですね。昨日は”子供の日”でした。 私は、当然どこにも行かず、 “子供の日”らしいことといえばAmazonから届いた本を、 “Wiiをもらった海外の子供のように、ベッドの上で大はしゃぎしながら雑に梱包を破いた”くらいで […]

なぜデータ解析が必要かをミクロ経済学から考える。

3月下旬となり、組織では人の入れ替わりがある時期になります。 毎年、この時期前後では、新人(あるいは異動してきた人など)に、 研修で話す機会が多くなる方もいらっしゃるかと思います。私もそうです。 データ解析やモデリング、可視化について、これまで専門ではなかった方に説明する際、 質疑応答で時々出るのが […]

データ解析に潜む”思考のトラップ”

毎年恒例の花粉症の季節です。 学生のときは受験、就活、 社会人になってからは期末の最後の追い込み、という2〜3月の時期に 目がかゆい、鼻水がとまらない、薬で眠くなる、というハンディキャップ状態に、 もし花粉症ではなかったら、自分はもっと高みに行けたのでは、 と思ってしまいます。 さて、今回はそんな勘 […]

日本史から学ぶデータマーケティング

『洛中洛外図』(狩野永徳・作。1561年頃。wikipediaより) 斎藤道山、今川義元、久保恒久、、。 学校で学んだきりの世界史、日本史の断片的な知識、人名が ふとしたときに頭に浮かぶが、さて何をした人物か思い出せず混乱することがあり、 定期的に歴史の本を読み返している。 ちなみに冒頭上げた人物で […]

人気記事