MIRANDORA
Collect, Analyze, and Visualize DATA
(C) All rights are reserved by mirandora.com

RaspberryPiとNode.jsとcreate.jsを使用した心拍数連動漫画システム

image02

映画や漫画では、いかに物語に没入できるか、が面白さにとって重要なファクターとなります。 そうであれば、物語の鑑賞中、自分の感情を”強制的かつリアルタイム”に、物語の主人公と同じに、することができればいかがでしょうか。 たとえば、物語の進行に連動した決められたシーケンスによって […]

SNSのプロフィール画像は社交性を反映するかを機械学習で検証

clust2_average

社会人とは、時にどうしても立食パーティー的なものに出席せざるを得ないことがあります。 近況報告や業界情報を語り合う人々の波を抜け、壁際でスマホをいじっている人物、それが私です。 ニュースアプリとメールを2,3周読み直しても、どうしても時間を持て余す時、 苦虫を噛んだような顔でfacebookを開くこ […]

GWだけど”サイエンティスト”としての心構えを学ぶ

スクリーンショット 2016-05-05 18.05.28

データ分析を業務にしていると、下記のようなことがよくあると思う。 「SQLのタイピング時間が、他人との会話時間よりも長い」 「パラメータを少しづつ変えてランダムフォレストを実行してたら2015年の夏は終わった」 「facebookで他人のリア充な投稿を見るたびに、投稿内容を元にfacebookに興味 […]

交通量オープンデータを3Dビジュアライズ&3Dプリント

stl-web

本稿では、静岡市が提供するオープンデータのうち、 「主要交差点における交通量データ」を Web上の3Dデータビジュアライズによるインタラクション、 および3Dプリントにより直感的に把握するWebアプリ、 「Shizuoka Traffic Landscape(STL)」を解説します。 本アプリは「シ […]

プログラマーが1人で移動履歴を楽しむ方法。

locuslog11

3月になり、春を予感させる梅や桜の開花とともに 世間の人々は、花見やハイキング、飲み会など活動的になり始める季節となりました。 同時に、プログラマ諸君は年度末に向けて深夜までタイピングという 局所的な活動が活発になっているかと推測されます。 さて、活動量とは、移動量、振動量、などいろいろありますが、 […]

“君の元気は僕の元気”の”君”を探索

my_fuel

季節の変わり目は気温の変化が激しく、ご体調を崩している方が多いと思います。 そこで思い出されるのは、某CMのこのようなフレーズです。 “きみの元気は僕の元気さ ファイト! いのちのよろこびに Yes it’s goo-d goo-d Mor-nin’ だってこんな […]

データ可視化の重要性は、探索・サマライズ・デモの3つのフェーズごとに異なる。

スクリーンショット 2015-08-29 15.23.24

最近、どの業界も、A.I、人工知能絡みのリリースラッシュで、 「リリース自体、人工知能によって作られているのでは、ていうかbotでは」 と感じるほどでして、本当に価値のある素晴らしい取り組みと、 名前だけ冠したものが混在している状況かと思います。 一方、人が解釈する必要がある(自動生成するにしても […]

LINEの既読スルーにランダムフォレストで立ち向かう。

desicion_tree2

日本全国各所で猛暑日が続き、 facebookは野外フェスと海と海外旅行とビアガーデンの写真が溢れ始めております。 しかし猛暑だろうが極寒だろうが、 データ分析官は、週末のビールを信じて 黙々と(たまに独り言と、思い出し笑いをしながら)RとSQLを回す日々なはずです。 ところが、この週末ビールを阻む […]

歩行履歴を取得する。

スクリーンショット 2015-07-05 16.55.33

今回は歩行履歴を取得する手順についてみていきます。 といってもGPSで簡単に取得できる屋外の移動ではなく、 屋内における、GPSよりも粒度の細かい移動履歴を取得することを目的とします。 今回は、スマートフォンの”加速度センサ”および”ジャイロセンサ”を […]

『獺祭』から考えるデータ分析をマニュアル化する意味

dassai

データ分析という職務は、得てして属人的なものになりがちだと思います。 それは、(マーケティング業界に限った話ではないですが) データ分析の現場で要求される知識・スキルが日々拡大し続けているからだと思われます。 よって、教え方が体系だっていないことも多く、 どうしてもある程度は独習することが求められる […]